cotori coto coto

PHPカンファレンス2014で発表してきました

PHPカンファレンス2014P4Dによるセッション「Webデザイナー向けGitHubハンズオン」で発表してきました。@ken_c_lo@machidaの発表はデザイナー視点からのもの、ぼくのはエンジニア視点からのもの。前もってそれぞれの発表内容について細かく打ち合わせていなかったのに、みんな「GitHubはコミュニケーションツール」ということを語っていてみんな思っていることは一緒なんだなーと。

エンジニア×デザイナー GitHubで変わるコミュニケーション(PHPカンファレンス2014 P4Dセッション) from Hiroyuki Yamaoka

後半はGitHub for Mac/Windowsを用いてのハンズオンを@satococoaに先生役をお願いして実施。Zynga JapanでGit勉強会をやったのはもう3年も前になるのだなぁ、と思い出したりしました。それにしてもGitHubのクライアントアプリの出来がよすぎて、作業を実感していただけたかちょっと不安になるほど。ボタンをぽちぽち押していくだけでbranch切ってcommitしてpushして、という流れができてしまうのです。すごい。

PHPカンファレンス、毎年のように参加はしていますが実は前に出て発表するのは初めてだったのでいつもと違う感じで新鮮でした。いつもの面々にお会いできたり、同時開催のWordCamp Tokyo 2014ものぞいてみたり。 最近P4Dやゆるデ部界隈の人たちとあれこれやることが多かったので、久しぶりのPHPのイベントでした。PHPのイベントもそろそろ何かやろうかな、と思ったりしてます。ちょっと考え中。

セッションの後は蒲田でずっとP4Dのみんなと羽根つき餃子やら食べながらわいわい話してました。餃子おいしかった ( ˘ω˘)

福岡に行ってきた

イノベーター・ジャパン主催のイベントで福岡に行ってきた。金曜日の夜に行われた開発コミュニティーミートアップではモデレーターを務めさせていただいた。そして翌日、土曜日にヌーラボさんのオフィスをお借りして行ったもくもく会ではちょっと司会ぽいことをしつつ、もくもくしてきた。

今回、割と企画から関わっていたので始まるまでいろいろ緊張していたし、終わってほっとしたというのが正直なところ。こうしたイベントを何度も企画されている皆さん、本当にすごいと思いながらモデレーションしていた。時間を2時間取っていて、ひょっとして早く終わってしまうんじゃ…という心配は杞憂に終わった。

実は今回、東京から@satococoa@ken_c_loと一緒の飛行機で行ったのだった。そして福岡で大阪から新幹線で来た@awayukiと合流。なんだか見知った顔ぶれに囲まれていて、そういう意味での緊張はあまりなかった。みんな、ありがとう。

その4人で同じところに泊まって、最終日の日曜日には柳川観光と洒落込んだ。柳川、高校のときに修学旅行で行った以来だった。川下りの船頭さんの語調が面白かったし、八女茶のお店のおばちゃんはとても親切だし。帰りに西鉄柳川の駅まで送ってくれたタクシーの運転手さんと話し込んでしまったりして、柳川とてもよかったしまた行きたい。

みんないい大人なので、おいしいものを遠慮せずにたくさん食べた。深夜0時すぎの屋台のラーメン(並んだ)、活き造りのイカやサバ、鯛茶漬け。さらに鶏の水炊き、鰻のせいろ蒸し。もう一つのゆるデ部活動を満喫してしまった。

宿泊したのが温泉施設だったので思わず皆でマッサージされてしまったのだけれど、無駄な力入ってますね〜と言われたのが印象的だった。もっと力、抜いていかないといけないぽい。

お仕事でもあったのだけれど、本当に楽しい福岡だった。いろいろな方と会えたし、ヌーラボさんのオフィスは素敵だったし、おいしいものもたくさん食べられたし。飛行機に乗れば非常に行きやすいところなので、また行きたい。

あわせてどうぞ

たくさんの立場

プロダクトオーナーとしての立場と、コードを書くエンジニアとしての立場と。そして忘れてはいけない1ユーザーとしての立場もあって。さらにちょっと違う観点から言うと経営者としての立場もあるのだった。どれかに集中していると他のことが見えなくなりがちで、いかんなーと思いつつもそんなに器用に切り替えられるものでもなくて。明示的に時間単位で切り替えるようにした方がいいのかもしれない。あるいは週単位とかで。なかなか悩ましい問題だなと思う。

普通のものを作る

「普通」は目指すものなのではなく、結果的になっているものなのかもしれない。それでもぼくは普通のものを作りたいし、当たり前に使ってもらえるようなものが作れたらといつも考えている。どんなに新しいものを作っても、それが未来の普通につながるようなものでないと意味がないと思う。誰に使ってもらいたいかということなのかもしれないけど。

会社の名前を「テンマド」に変更します

いろいろとのっぴきならない事情がありまして、運営している会社の名前を「合同会社qumu」から「合同会社テンマド」に変更します。ちなみに英語名は「10mado, LLC」です。

天窓、いいですよね。見上げるという行為それ自体に意味がある気がして。長野まゆみさんの初期の作品に出てくる建物のイメージがぼくの天窓感(?)を形作っています。実際に天窓のある建物には、それほど縁があるわけでもないのですが。

新しい会社の名前を考えるにあたって、相方の@zk33に天窓っていいよねーという話をしていたところ、「ten + mado」で「10mado」という表記もいいよねという話になり。たくさんの窓がある部屋の感じ、あかるさに満ちている感じ、いいなぁと思ったのです。光や風、新しいものを取り入れて。そういう窓をたくさん作りたい。

変わるのは会社の名前だけで事業内容は変わりません。いろいろな会社さんのイノベーションのお手伝いをしつつ、自社サービスを開発しつつ。おかげさまでいろいろな方面からお声がけいただいておりまして、非常にありがたく思っております。ご興味のある方はメールなりTwitterなりでお気軽にご連絡いただければと。

ちなみに会社のTwitterアカウントFacebookページも新しくなりましたので、またFollowやLikeなどしていただけますと幸いです。合同会社テンマドの情報、そちらからお知らせすることになるかと思いますので。

引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

あわせてどうぞ